(株)FP総合研究所
お役立ち情報:金融税制
外貨MMFを2015年内にいったん売却すると節税になる
   
    外貨MMFの為替差益に対する課税
       
◆トップページ        2016年(平成28年)1月から実施される税制改正で、これまで非課税であった
◆業務内容       外貨建てのMMFの為替差益に 20% の課税が行われるようになります。
   たとえば、数年前1ドル80円の時に取得した米ドルMMFは、円安が進んで
◆プロセス       1ドル120円となった時点で 50% というかなり大きな為替差益が生じています。
◆お約束          
    このような場合、2015年内にいったん売却して再び取得し直すと、この間の
◆料金表       為替差益に対する課税を避けることができます。 売却する場合、円に戻すと
◆会社概要       為替手数料を負担しなければならなくなりますので、ドルのまま、その金融機関
   の外貨預り金に入金した後で取得し直せば、為替手数料の負担を避けることが
◆お問合せ       できます。
◆お役立ち          
    なお、この制度改正については、株式投資に関する税制改正の中の「外貨
◆制度改正      MMF」の欄をご覧下さい。
◆リンク集          
      
          
          
             
    Copyright 2015 FP Global Research, Inc. All Rights Reserved.