賢い人の分散投資−2.5A

  

(A) 日本株対象型ETF63本)

日本株を対象とするETFで、最も一般的なものは、『東証株価指数』と『日経平均株価』に連動するものである。東京証券取引所(東証)の第一部は、2011131日現在、1,679銘柄で構成されているのだが、『東証株価指数』は、これら第一部の全上場銘柄の株価を加重平均した指数であり、別名TOPIXともいう。また、『日経平均株価』は、東京証券取引所第一部の代表的な225銘柄の株価の修正平均指数である。両者とも、業種などを限定することなく、網羅的に投資をするので、株式市場全体の平均を目指す無差別分散投資という趣旨にぴったりと合っている。

この他に、企業規模別の株価指数、業種別の株価指数、テーマ別株価指数、不動産投資信託指数などに連動するものもある。業種別の株価指数としては、自動車・輸送機、機械、鉄鋼・非鉄、電機機器、素材・化学、医薬品、情報・サービス、銀行、電力・ガス、エネルギー、商社・卸売、小売などの業種別の指数に連動するものがある。ただし、特定な分野の投資先にかたよる場合には、同じ方向に株価が動く可能性があり、リスク分散という観点からは好ましくない。うまくいけば、全体の市場平均を上回る可能性もあるが、逆の可能性もあって、リスクが大きくなる。このような種類のものを選ぶには、事前に、綿密な調査と一定の覚悟が必要である。

次の表は、日本株を対象とするETF 63本のうち、純資産額が100億円以上のもの12本について、連動する株価指数の種類ごとにまとめたものである。

 

主なETFの名称 コード 連動対象株価
指数
信託報酬
最低購入代金(円) 純資産
(億円)

<日本の全業種の株価指数に連動
するもの−20種>
         
TOPIX 連動型上場投資信託 1306 TOPIX 0.11% 9,260 6,510
日経225連動型上場投資信託 1321 日経平均株価 0.22% 10,360 5,213
上場インデックスファンド225 1330 日経平均株価 0.225% 104,200 2,673
上場インデックスファンドTOPIX 1308 TOPIX 0.088% 91,100 2,620
ダイワ上場投信−日経225 1320 日経平均株価 0.22% 103,500 2,320
ダイワ 上場投信−トピックス 1305 TOPIX 0.11% 92,600 2,246
MAXIS 日経225上場投信 1346 日経平均株価 0.17% 10,380 504
MAXIS トピックス上場投信 1348 TOPIX 0.078% 9,180 248
MAXIS トピックスコア30 上場投信 1344 TOPIX Core30 0.19% 5,020 166
TOPIXCore30連動型上場投資信託 1311 TOPIX Core30 0.22% 5,070 156

<日本の業種別株価指数に連動するもの−38種>
          
東証銀行業株価指数連動型上場投資信託 1615 東証 銀行業 0.22% 12,900 295

<日本のテーマ別株価指数に連動
するもの−3種>
         
MAXIS S&P 三菱系企業群上場投信 1670 S&P三菱系企業群 0.50% 10,600 984

<日本の不動産投資信託(J-REIT)指数に連動
するもの−2種>
         
  
  
   
FP総合研究所
  Copyright 2011 FP Global Research, Inc. All Rights Reserved