賢い人の分散投資−2.6A

  

(A) 米国株対象型ETF(約20本)

米国株を対象とするETFは約20本あるが、このうち純資産額1,000億円以上のものを表に掲載した。純資産額1兆円を超えるものも5本含まれており、その中でも、「スパーダー・トラスト・シリーズ1」(ティッカー ”SPY” )は、別名「SPDR S&P 500 ETFトラスト」とも呼ばれ、純資産額が約77,000億円の、世界最大のETFである。(なお、このETFは、2011324日には、東京証券取引所にコード番号1557で重複上場されることとなった。)

これらのETFが、連動する株価指数としては、『S&P 500種株価指数』、『ナスダック100』、『ダウ工業株30種平均』、『MSCI US Broad Market Indexなどの代表的なものの他に、中型株や小型株を対象としたものや、特定の業種を対象としたものなどがある。

一般に、特定の国のみの株式に投資をすることは、分散投資の観点から、バランスを欠いたものとなる危険性があるが、米国の株式市場は、201012月末現在で、世界の株式市場の時価総額(浮動株調整後)の41.5%を占める巨大市場であり、米国企業にはグローバルな活動をしている企業が多いことから、米国のみの株式に投資するとしても、その点をほとんど心配する必要はないものと思われる。ちなみに、後述の『MSCI全世界指数』に連動するETFを利用して、世界各国に分散投資をした場合には、米国の株式市場の時価総額比率を反映して、米国株の占める割合は41.31%(2010930日現在の指数値)となるので、その場合でも半分近い割合を占めることとなる。

 

主なETFの名称 ティッカー 連動対象株価指数 年間総
経費率
最低購入
代金
純資産
(億円)
スパイダー・トラスト・シリーズ1
(SPDR S&P 500 ETF トラスト)
SPY S&P 500種 株価指数 0.09% 約11万円 76,661 ($93bn)
i シェアーズ S&P 500 インデックス・ファンド IVV S&P 500種 株価指数 0.09% 約11万円 22,250 ($27bn)
パワーシェアーズ QQQ トラスト・シリーズ1 QQQ ナスダック100指数 0.20% 約5万円 20,716 ($25bn)
バンガード・トータル・ストック・マーケット ETF VTI MSCI US Broad
Market インデックス
0.07% 約5万円 14,924 ($18bn)
i シェアーズ Russell 2000
インデックス・ファンド
IWM Russell 2000
インデックス
0.28% 約6万円 12,696 ($15bn)
スパイダー・ダウ・ジョーンズ工業株平均
ETF(ダイアモンズ・トラスト・シリーズ1)
DIA ダウ工業株30種平均 0.17〜0.18% 約10万円 8,245 ($10bn)
i シェアーズ S&P MidCap 400
インデックス・ファンド
IJH S&P MidCap 400
インデックス
0.22% 約8万円 8,017 ($9.8bn)
ファイナンシャル・セレクト・セクター
SPDR ファンド
XLF ファイナンシャル・セレクト・
セクター 指数
0.20% 約1万円 6,150 ($7.5bn)
i シェアーズ S&P SmallCap 600
インデックス・ファンド
IJR S&P 小型株 600 指数 0.20% 約6万円 5,760 ($7.0bn)
i シェアーズ・ダウ・ジョーンズ
好配当株式 インデックス・ファンド
DVY ダウ・ジョーンズ U.S. セレクト・ディビデント・インデックス 0.40% 約4万円 5,100 ($6.2bn)
バンガード・スモールキャップ ETF VB MSCI US Small-Cap 1750 0.14% 約6万円 3,936 ($4.8bn)
i シェアーズ・ダウ・ジョーンズ 米国不動産 インデックス・ファンド IYR ダウ・ジョーンズ
米国不動産指数
0.47〜0.48% 約5万円 2,578 ($3.1bn)
db x トラッカーズ MSCI 米国 TRN
インデックス ETF
03020 MSCI TRN 米国指数 0.30% 約4万円 2,439 ($2.3bn)
i シェアーズ NASDAQ バイオテクノロジー・インデックス・ファンド IBB NASDAQ バイオテクノロジー
指数
0.48% 約8万円 1,241 ($1.5bn)

  

(注1)『S&P500種 株価指数』は、スタンダード・アンド・プアーズ社が算出する米国の株価指数で、ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、NASDAQに上場している代表的な500銘柄の株価を基に算出されている。時価総額に基づく加重平均指数であり、構成銘柄は米国株式市場の時価総額の約75%を占めている。

(注2)『ダウ工業株30種平均』は、ダウ・ジョーンズ社が発表している株価指数であり、米国ニューヨーク証券取引所などを代表する30銘柄で構成される修正平均株価指数。

(注3)『ナスダック100 指数』は、米国ナスダックに上場する時価総額上位100銘柄で算出される株価指数。マイクロソフト、インテルなどのIT企業が多く含まれ、金融機関が含まれていないという特徴がある。

(注4)『MSCI US Broad Market Index』はニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、ナスダック店頭市場で通常取引されているすべての株式で構成され、アメリカ市場のほぼすべてをカバーする指数。

(注5)『Russell 2000インデックス』は、米国市場の時価総額上位3,000社を対象とした『Russell 3000インデックス』から、上位1000社を除いた下位2,000社で構成され、米国株式市場の小型株を測る指数。

(注6)表中の 「bn」 は 10億通貨単位。

  
   
FP総合研究所
  Copyright 2011 FP Global Research, Inc. All Rights Reserved