賢い人の分散投資−2.6C

  

(C) 世界全域または地域の株式対象型ETF(約35本)

世界全域の株式を、ひとつのETFでカバーしてしまうことも可能である。たとえば、『MSCI全世界指数』(MSCI All Country World Index)に連動するETFが表に掲載されている。この指数は、世界の先進国株式のみならず、新興国株式をも含んでいる。

その国別構成は、2010930日現在で次の通りである: 米国41.31%、日本8.59%、イギリス8.49%、カナダ4.52%、フランス3.83%、オーストラリア3.41%、ドイツ3.23%、スイス2.98%、中国2.34%、ブラジル2.04%、スペイン1.57%、韓国1.46%、香港1.32%、オランダ1.29%、台湾1.26%、スウェーデン1.25%、イタリア1.20%、インド1.10%、南アフリカ1.02%、ロシア0.86%、シンガポール0.64%、メキシコ0.60%、フィンランド0.51%、インドネシア0.48%、デンマーク0.37%、オランダ領アンティルス諸島0.36%、ノルウェー0.34%、ベルギー0.34%、イスラエル0.32%、タイ0.31%、チリ0.28%、ルクセンブルグ0.24%、トルコ0.24%、オーストリア0.21%、チェコ0.17%、ペルー0.17%、フィリッピン0.14%、ポーランド0.14%、ハンガリー0.13%、ポルトガル0.12%、エジプト0.10%、バミューダ0.09%、コロンビア0.08%、アイルランド0.07%、ギリシャ0.05

ここに記載した国名と、国別投資割合は、各国の市場規模を反映したもので、見事な無差別分散投資である。しっかりとした根拠もなく、自分の好みや先入観に基づいて、特定の国にかたよった割合の投資を行なうという過ちを犯す場合よりも、優れた運用成績が期待できる。

なお、世界全域または一部地域を対象とする指数の中には、ある特定の国を除いたものがある。たとえば、日本を除く指数とか、米国を除く指数といったものがある。日本の投資家が、既に十分な日本株のETFを持っていて、次に、外国株のETFに投資をしようという場合、全世界の株式を対象とするETFを選ぶと、日本株もその中に一部含まれていることから、日本株への投資比率が、当初予定したよりも合計で高くなりすぎる可能性がある。このような場合には、“日本を除く世界各国の”などという名前のついた株価指数に基づくETFを利用することが望ましい。

 

主なETFの名称 ティッカー 連動対象株価指数 年間総
経費率
最低購
入代金
純資産
(億円)
i シェアーズ MSCI EAFA インデックス・ファンド EFA MSCI EAFE 指数 0.35% 約5万円 31,112 ($38bn)
i シェアーズ MSCI パシフィック(除く日本)・インデックス・ファンド EPP MSCI パシフィック
(除く日本)指数
0.50% 約4万円 3,409 ($4.2bn)
db x トラッカーズ MSCI ワールド TRN インデックス ETF 03019 MSCI ワールド トータル
リターン ネット インデックス
0.45% 約3万円 2,066 ($2.5bn)
i シェアーズ MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス・ファンド ACWI MSCI 全世界指数 0.35% 約4万円 1,425 ($1.7bn)
バンガード・パシフィック ETF VPL MSCI パシフィック
(含む日本)
0.16% 約4万円 1,230 ($1.5bn)
i シェアーズ S&P グローバル・エネルギー・セクター・インデックス・ファンド IXC S&P グローバル・エネル
ギー・セクター・インデックス
0.48% 約4万円 1,205 ($1.5bn)

  

(注1)『MSCI EAFE指数』は、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)が算出する株価指数で、欧州、オーストララシア、極東地域の約30ヵ国の株式を対象としている。米国の投資家が海外投資を行なう際に便利なように、北米が除かれているところに特徴がある。

(注2)MSCI パシフィック(除く日本)指数』は、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)が算出する株価指数(浮動株ベースの時価総額加重平均方式)で、太平洋地域の豪州、香港、シンガポールなどの主要銘柄で構成される株価指数。日本が除かれており、日本の投資家が日本以外の太平洋地域に投資する場合などに利用できる。

(注3)『MSCI ワールド・トータル・リターン・ネット・インデックス』は、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル・バーラSMインクが算出する株価指数(浮動株ベースの時価総額加重平均方式)で、世界の先進国27ヵ国の株式1,656銘柄(201010月現在)を対象としている。

        20101130日時点における国別構成は次の通り: 米国49.52%、日本10.16%、英国9.66%、カナダ5.22%、フランス4.26%、オーストラリア3.89%、ドイツ3.69%、スイス3.59%、その他10.01%(スペイン、オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、ギリシャ、香港、アイルランド、イタリア、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、シンガポール、スウェーデンなど)

(注4)MSCI全世界指数(MSCI All Country World Index)』は、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)が算出する株価指数で、先進国23ヵ国、新興国(エマージング)25ヵ国、合計48ヵ国の株式で構成される株価指数。

  
   
FP総合研究所
  Copyright 2011 FP Global Research, Inc. All Rights Reserved