賢い人の分散投資−5.1

  

第5章 国際分散投資

  

1. 選択的分散投資の適用

第3章で述べたように、分散投資においては、無差別に、何にでも投資をするのではなく、できるだけよい投資対象に絞って投資をすることが望ましい。よい投資対象が分からない場合でも、できるだけ悪い投資対象を外して投資をすべきである。

株式投資をする場合に、できるだけ悪い投資対象を外して投資をするとはいっても、コストの安いETFについて、低格付け先を外したETFとか、構造不況業種を外したETFなどといったものが、残念ながら現時点では見当たらない。したがって、このような分野では、ETFを利用した選択的分散投資がなかなか難しい。その点、国際分散投資の分野では、ETFを用いて投資に適した国だけを選びながら、選択的分散投資を行なうことが容易にできる。

現在、わが国では、国内企業の成長率が鈍化する中で、海外の投資機会を利用する国際分散投資が人気を集めている。国際分散投資の分野には様々なETFがあり、様々な市場を選ぶことができる。この分野で、好ましくない市場を外すことは、ぜひとも必要でもある。この国際分散投資について、単純に幅広く世界各国に投資をするのではなく、ローリスク・ハイリターンを目指して、どのようにして選択的分散投資をすべきかを検討をしてみたい。

  
   
FP総合研究所
  Copyright 2011 FP Global Research, Inc. All Rights Reserved