賢い人の分散投資−5.10

  

10. 選択的国際分散投資ポートフォリオ

2章で主なETFについて解説をした際に、ETFの組み合わせによる無差別分散投資のポートフォリオについて検討してみた。それと同じように、国際分散投資を選択的に行なう場合のポートフォリオについて検討してみたい。

今日の日本では、多くの個人投資家の間で、新興国向け株式投資が行なわれている。この種の株式は、日本の株式よりも値上がりが期待できるものと考えられ、多数の投資信託に組み込まれており、あまり意識していない人でも、新興国向け投資を行なっているケースが多い。

このように、数年来、新興国の多くの株式市場では、国内外の投資家からの潤沢な投資資金の流入が続いている。しかし、第3章でも見たとおり、これらの市場の平均株価水準は2007年頃をピークとして、それ以降伸びていない。また、このような新興国のGDPは伸びているが、上場企業の1株あたり利益が伸びていないケースが多いようだ。したがって、今後も株価が本当に伸びるのかどうか疑わしい面が強い。株価が上昇する可能性がないとは言わないが、逆に何らかのきっかけで大きく下落する可能性はかなりある。

このような状況を踏まえ、また、新興国については、様々なリスクがこれまでもあったことを考えあわせて、これらの国々を外したポートフォリオを考えてみたい。

今日の日本では、新興国の株式に投資をすることが当たり前のように考えられていることから、新興国をポートフォリオに組み込むことよりも、外すことの方に勇気がいる状況となっている。そこで、勇気を持って、新興国を外したポートフォリオを作ってみよう。

  

2章で取上げたようなETFを組み合わせて、新興国を外した選択的国際分散投資が簡単にできる。たとえば、次の3つのETFを組み合わせることで、株式50%、債券50%のバランスのとれた分散投資が可能となる。

(1)db x トラッカーズ MSCI ワールド TRN インデックス ETF03019)」(米国48%、 英国10%、日本10%、カナダ5%など、世界の先進国23ヵ国)など『MSCI ワールド・トータル・リターン・ネット・インデックス(注1)に連動するETF - - 50 (うち 日本株 約5%、外国株 約45%)

(2)i シェアーズ・ S&Pシティグループ世界国債(除く米国)・ファンド(IGOV)」(米国を除く先進各国国債のおおよそのシェア、日本24%、イタリア9%、ドイツ8%、フランス7%など)などS&Pシティグループ・インターナショナル・トレジャリー・ボンド・インデックス(除く米国)』(注2)に連動するETF  - - - - - - - - - - - - 20 (うち 日本債券 約5%、外国債券 約15%)

(3)『バークレイズ 米国 TIPS インデックス』(米国インフレ連動国債関連指数)に連動する「i シェアーズ・バークレイズ 米国 TIPS ファンド(TIP)」などといった、米国の国債関連指数に連動するETF  - - - - - - - - - - - - - - - 30

  

もう少し多くのETFを組み合わせれば、自分の好みの配分比率で、先進国に分散投資をすることが可能になる。たとえば、日本株20%、外国株50%、日本債券2%、外国債券28%というポートフォリオを作りたいというのであれば、次のようなETFを組み合わせることによって、希望に近いものができあがる。

(1)TOPIX連動型上場投資信託」、「上場インデックスファンドTOPIX」、「ダイワ上場投信−トピックス」など、『東証株価指数(TOPIX)』に連動するETF - - - - - - - - 20

(2) 世界最大のETF「スパーダー・トラスト・シリーズ(SPY)」(別名、SPDR S&P 500 ETFトラスト)など、『S&P 500種株価指数』(注3)に連動するETF - - - - - - - - - - 30

(3)「バンガード・ヨーロピアンETF」など、『MSCIヨーロッパ指数』(注4)に連動するETF - 20

(4)i シェアーズ・ S&Pシティグループ世界国債(除く米国)・ファンド(IGOV)」(各国国債のおおよそのシェア、日本24%、イタリア9%、ドイツ8%、フランス7%など)など、S&Pシティグループ・インターナショナル・トレジャリー・ボンド・インデックス(除く米国)』に連動するETF   - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 10 (うち日本債券約2%、外国債券約8%)

(5)『バークレイズ 米国 TIPS インデックス』(米国インフレ連動国債関連指数)に連動する「i シェアーズ・バークレイズ 米国 TIPS ファンド(TIP)」などといった、米国の国債関連指数に連動するETF  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 20

  

(注1)『MSCI ワールド・トータル・リターン・ネット・インデックス(指数)』は、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル・バーラSMインクが算出する株価指数で、世界の先進国27ヵ国の株式1,656銘柄(201010月現在)を対象としている。

      20101130日時点における国別構成は次の通り: 米国49.52%、日本10.16%、英国9.66%、カナダ5.22%、フランス4.26%、オーストラリア3.89%、ドイツ3.69%、スイス3.59%、その他10.01%(スペイン、オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、ギリシャ、香港、アイルランド、イタリア、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、シンガポール、スウェーデンなど)

(注2)「i シェアーズ・ S&Pシティグループ世界国債(除く米国)・ファンド(IGOV)」は『S&Pシティグループ・インターナショナル・トレジャリー・ボンド・インデックス(除く米国)』に連動するETF。年間経費0.35%。最低購入代金 約8万円。

      このインデックスは、米S&P社が算出し、米国を除く先進国21ヵ国の債券を対象としている。201012月現在の国別構成比は、日本23.51%、イタリア9.38%、ドイツ7.75%、フランス7.28%、カナダ4.92%、ベルギー4.84%、スペイン4.83%、ギリシャ4.80%、イギリス4.63%、オーストラリア4.60%、その他(オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、ギリシャ、アイルランド、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、スウェーデン、スイス)計23.56%

(注3)『S&P500種 株価指数』は、スタンダード・アンド・プアーズ社が算出する米国の株価指数で、ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、NASDAQに上場している代表的な500銘柄の株価を基に算出されている。時価総額に基づく加重平均指数であり、構成銘柄は米国株式市場の時価総額の約75%を占めている。

(注4)『MSCIヨーロッパインデックス(指数)』は、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル・インクが算出する欧州の株価指数。欧州主要国16ヵ国で構成され、対象国の株式時価総額の約85%をカバーする。

      2010630日時点における国別構成は次の通り: 英国32.2%、フランス15.4%、スイス12.7%、ドイツ12.4%、スペイン5.5%、オランダ5.2%、スウェーデン4.6%、イタリア4.5%、フィンランド1.6%、デンマーク1.6%、ベルギー1.5%、ノルウェー1.1%、オーストリア0.5%、アイルランド0.5%、ギリシャ0.4%、ポルトガル0.4%

  

人によっては、もう少し絞り込みたいと考える人もいるかもしれない。たとえば、先進国の中でも、日本株にはあまり上昇の期待が持てないと考える。さらに、欧州諸国の株式にもあまり期待が持てないと考える。このような消去法の結果、米国株しか残らなかったという人の場合は、米国株だけで分散投資をすればよい。

米国一国だけということだと、集中的な投資という印象を与えるかもしれないが、米国の株式市場は、時価総額という点で、世界の株式市場の41.5%を占めていて、グローバルな活動をしている企業が多いので、これもまた立派な選択的分散投資である。

  
   
FP総合研究所
  Copyright 2011 FP Global Research, Inc. All Rights Reserved