(株)FP総合研究所 
お役立ち情報:外貨預金
外貨預金
   
    1.外貨定期預金や外債の1年分の利息は没収される !?
       
◆トップページ        外貨建ての定期預金を始める際には、一般に円預金を外貨に換え、逆に定期の
◆業務内容       の満期がくると外貨を円貨に戻しますが、始めと終りに使われる為替レートは異な
   っています。例えば、ドル取得時のレートを1ドル106円と仮定すると、円に戻す時
◆プロセス       のレートは1ドル104円で、多くの金融機関では両者の間に2円の較差を設けてい
◆お約束       ます。したがって、106万円で1万ドルの預金を作った後、すぐに円に戻すと104
   万円になり、2万円損します。
◆料金表        これは外貨の売買に際して、金融機関が為替手数料を徴収していることによる
◆会社概要       ものです。この手数料を金利に換算すると1.9%ですので、仮に期間1年、利回り
   が1%のドル債に投資したとすると、1年分の利息よりもやや多い為替手数料を取
◆お問合せ       られてしまいます。債券でなく定期預金であればより利回りが低いので、2年以上
◆お役立ち       の利息が消えてしまいます。利息かかる税金を考慮するとさらに長くなります。
    ユーロの為替手数料はドルよりもやや高く、通常3円ですので、金利に換算する
◆制度改正       と2.2%です。 ユーロ建ての債券の利回りはドル債よりも高めで、例えば2.4%
◆リンク集       などですが、この場合も1年分の利息は為替手数料の形で没収されます。
       
        それでは皆さん、金利水準の高い豪ドルの場合はどうだと思いますか?
        豪ドルの為替手数料は、ユーロよりも高く、4円程度ですので、金利に換算する
       と約5%です。 豪ドル建ての債券の利回りはユーロ債よりも高めで、例えば5%
       などですが、この場合もやはり1年分の利息が為替手数料の形で没収されます。
        つまり、為替レートがたまたま幸運な方向に動かない限り、外貨預金や外債投
       資で1年目に得をするのは金融機関だけであって、一般預金者や投資家が本当
       に利息を受取れるのは、早くても2年目以降ということになります。
          
          
    2.外貨預金の優遇金利はなぜあんなに高いの?
          
        外貨預金で、優遇金利とかキャンペーン金利という名前の、非常に高い金利を
       見たことがありませんか? 新規の預金に限られるのですが、1ヵ月のドル建てや
       ユーロ建ての定期預金で8%とか、豪ドル建てでは12%などといったものまであ
       ります。通常の外貨預金の金利よりも1桁多いので目を疑ってしまいます。 なぜ
       こんなに高いのでしょうか?
          
        見せ掛けの金利表示に驚いてはいけません。期間が短ければ、年利で表示され
       た金利が高くとも、実際に支払われる利息額は多くはないのです。通常の金利に
       上乗せされた金利部分がたとえ年10%であっても、12ヵ月で割ると、元本の
       0.8% に過ぎません。
        ところで預金者は、金融機関に円を持ち込んでドルに換えてもらう際に、ドルか
       ら円に換えるよりも余分に円を払います。この交換レートの違いは売買往復2円、
       片道1円で、これが両替の手数料です。この手数料を金利に換算すると、ドルで
       片道0.9%、ユーロで1.1%、豪ドルで2.4%です。
        何を言いたいのかもうおわかりでしょう。先ほどの上乗せされた金利部分は、い
       つでも為替売買手数料(片道分)よりも少ないのです。つまり優遇金利という形
       で、銀行が手数料の一部を返してくれただけなのです。
          
        1週間で40%という金利を目にしたとしても、冷静に計算してみてください。結局
       同じことです。もちろん次の週に定期預金を更新する時には通常金利に戻ります。
       優遇金利がないよりはあった方がいいに決まっていますが、あまり喜ぶ必要はな
       いのではないでしょうか。
          
          
             
  Copyright 2003 FP Global Research, Inc. All Rights Reserved.