(株)FP総合研究所
    法人の税金(2003年度)
F 法人の税金(平成15年度)
   
    1.交際費の損金算入限度額の緩和(平成15年4月1日)
          
◆トップページ    これまで資本金が5,000万円以下の法人について、年間400万円までの交際費
◆業務内容      支出額の8割を損金参入できましたが、平成18年3月までの3年間に限って、
   資本金1億円以下の法人について、年間400万円までの支出額の9割(1割増)
◆プロセス      を損金参入できることになりました。
◆お約束      
2.少額減価償却資産の即時償却制度の創設(平成15年4月1日)
◆料金表        
◆会社概要     中小企業(資本金1億円以下)と青色申告事業者の場合、平成18年3月31日まで
   に取得した取得価額30万円未満の減価償却資産を初年度に全額償却できること
◆お問合せ     になりました。
◆お役立ち        
3.エンジェル税制の拡充(平成15年4月1日)
◆制度改正        
◆リンク集     ベンチャー企業への投資額について、同年度の株式譲渡益から特別控除できる
   ようになるなど、ベンチャー企業に対する優遇措置が拡大されました。
         
    4.同族会社の留保金課税の改訂(平成15年4月1日)
       
      自己資本比率50%以下の中小法人に対する留保金課税が3年間停止されました。
    中小法人に対する留保金課税で、これまでの5%軽減措置が廃止されました。
    同族会社の判定基準が発行済株式総数の50%以上から50%超に変更されました。
          
    5.商法改正(平成15年4月1日)
       
       毎年改正が行なわれていますが、今回も多数の改正が行なわれました。
       細かな変更が多数ありますが、ここではその記載を省略します。
          
          
          
    Copyright 2003 FP Global Research, Inc. All Rights Reserved.