(株)FP総合研究所
  身の回りの税金(2016年)
B 身の回りの税金(平成28年分)
   
  1.給与所得控除の縮小(平成28年1月)
       
◆トップページ サラリーマンの課税所得を計算する際には、給与所得から必要経費として給与
◆業務内容    所得控除を引いて計算をしますが、この給与所得控除は給与所得の 5〜40%と
   いった割合で、給与が増えるにつれて金額が増えます。
◆プロセス    ところが、2013年から給与収入が1,500万円を超える場合には、給与所得控除が
◆お約束    245万円を上限として増えないことになりました。
  ・ この上限額の適用対象者の範囲が次第に拡大して、2016年からは給与収入が
◆料金表    1,200万円を超える人の上限額が230万円になり、さらに2017年からは給与収入
◆会社概要    が、1,000万円を超える人の上限額が220万円になります。
   対象者にとっては、給与所得控除の減額によって増税となります。
◆お問合せ   
◆お役立ち       
   
◆制度改正       
◆リンク集       
      
  
   
     
     
  Copyright 2014 FP Global Research, Inc. All Rights Reserved.