(株)FP総合研究所 
お役立ち情報:繰下げ受給
老齢年金の繰下げ受給は何年がベストか
   
      繰下げ受給を選択すると受給額が増えます
       
◆トップページ       老齢基礎年金は原則として65歳から受取ることになっていますが、この受給開始
◆業務内容      時期を遅らせた場合には毎回の受給額が増えます。どれだけ増えるかと言います
   と、1ヵ月について 0.7%、1年で 8.4% です。5年ではなんと 42% も増えるのです。
◆プロセス       次に老齢厚生年金は、65歳以前から一部支給される方もいますが、本格的な
◆お約束      支給が始まるのは65歳からです。 60歳から64歳までの間に支給される部分に
   ついては繰下げはできませんが、65歳から支給される年金については、平成19年
◆料金表      4月以降、繰下げ受給を受けることができることになりました。 その受給額は65歳
◆会社概要      から受取るはずの年金額(在職者は減額可能性)に、老齢基礎年金の場合と同様、
   1ヵ月につき0.7%加えた金額を生涯受取ることになります。
◆お問合せ      
◆お役立ち     79歳よりも長生きすればお得となります
   
◆制度改正       受給額が増えても受給回数が少なくなりますから、繰下げが得かどうかは、
◆リンク集      長生き度次第ということになります。老齢厚生年金でも老齢基礎年金でも同じ
   ことですが、生涯受給額の試算をしてみると、79歳よりも長生きをする自信の
       ある方は、繰下げ受給を選択した方が有利です。
        65歳時点での平均余命は、男性で18年、女性で23年です。つまり男性は83歳、
       女性は88歳まで受給することになりますから、男女とも79歳を上回っています。
       長生きをする自信があって、65歳時点で資金的に余裕のある方は検討されて
       みてはいかがでしょうか。
       
      どの位の期間繰下げるのが最もお得でしょうか
           
        これも比較的簡単に計算できます。65歳の男性が平均余命まで受給する場合
       には、3年繰下げて、68歳から支給を受けるのが最も有利です。 女性の場合に
       は、5年繰下げて、70歳から支給を受けるのが最も有利です。
        このような選択をした場合、男性は65歳から支給を受ける場合よりも、現在価値
       (税引前)で4.3%、62万円多くもらえます。同様に、女性の場合には、現在価値で
       11.1%、205万円多くもらえます。 特に平均余命の長い女性の場合にはかなり有利
       であることがわかります。
        しかし、早く支給を受けてご自分で運用する方法もあるはずです。これについて
       も計算してみました。男性の場合には、年間物価上昇率より2.64%以上の利回り
       で継続的に運用できる方は、通常支給の方が有利です。 女性の場合には、同様
       に 3.75%以上の高利運用です。 いかがでしょうか? 資産運用のノウハウを十分に
       持った人には低い利回りと感じるでしょうが、資産運用の得意とは言えない 現在
の日本の多くの人々にとっては高く感じられるかもしれません。
        なお、マクロ経済スライドの導入後、既受給者の年金額が新規受給者よりも低く
       抑えられるようになります。この結果、繰下げ受給がさらに有利になる可能性も
       ありますが、どの位有利かはその時点の賃金や物価上昇率次第で変わります。
          
      皆さんはどうなさいますか?
          
        筆者の場合、どうするつもりかと聞かれると、実は迷っています。 計算はできた
       のですが、肝心の私の寿命がよくわからないのです。 ただ、少なくとも家内につ
       いては女性の平均余命をさえ上回りそうなので、繰下げ受給を勧めたいと思って
       います。
          
          
              
    Copyright 2003 FP Global Research, Inc. All Rights Reserved.